日赤九州国際看護大学

日赤九州国際看護大学に関する情報です

TOP > 日赤九州国際看護大学

  
    日赤九州国際看護大学情報

    情報サイト、日赤九州国際看護大学の”今”を紹介。

お知らせ



Custom Search
大学コム!ページ内を検索します。(キーワードを入力してください)


日赤九州国際看護大学 関連のニュース
( 出典 https://.com/

日赤看護大・ゼミ1期生が向きあう「死」
   死にゆく患者(ひと)とどう話すか」。日本赤十字看護大学(東京・渋谷)にこんな重いテーマを冠したゼミナール(演習)がある。 肺がん臨床医として幅広く活動する日赤医療 ........
- 日本経済新聞
人生の満足度が高い?妻を看護師にもつ夫に「最強の勝ち組」説
   看護師の妻と暮らす夫は、最強の「勝ち組」だと麻酔科医が解説している。今後の日本では、年収1200万円の夫の片働きでは長く働くとが難しいと指摘。中堅ITの夫と看護師 ........
- livedoor
チームで取り組む総合病院ならではの緩和ケア-日本赤十字社和歌山医療センター緩和ケア内科部長・筒井一成氏に聞く Vol.2|医療維新
   和歌山県の中核病院として急性期医療を担う日本赤十字社和歌山医療センター(以下、日赤和歌山医療センター)が、2018年10月に緩和ケア専門の病棟「ひなげし」を開設 ........
- m3.com
天皇、皇后両陛下、日赤で「平成の災害と赤十字」を見学
  - 毎日新聞  毎日新聞天皇、皇后両陛下は29日、日本赤十字社(東京都港区)で、医師や看護師らによる被災地の支援活動を記録した写真パネル展「平成の災害と赤十字」を見学された。 被災地 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
日赤和歌山医療センターに緩和ケア病棟来月オープン ゆったりした個室や専用屋上庭園
   和歌山市の日本赤十字社和歌山医療センターは、がん患者の身体的な痛みなどさまざまな苦痛を和らげる「緩和ケア」専門の病棟を10月、開設する。ゆったりとしたスペース ........
- 産経ニュース
長野市内2大学、看護学部開設へ準備加速 北信ゼロ「受け皿に」
   深刻になる少子化問題を背景に大学による学生の「獲得競争」が激しさを増す中、長野市内の清泉女学院大(上野)と長野保健医療大(川中島町)が、平成31年度の看護 ........
- 産経ニュース
長野赤十字病院、移転新築に方針転換 2017年度中に移転先のメド
   長野赤十字病院(長野市)の吉岡二郎院長は22日、新病院の建設構想について現在地での建て替え計画を見直し、周辺の土地に移転・新築する方針を明らかにした。.....
- 日本経済新聞
特別展:被爆直後の日赤病院 病衣や写真を展示 原爆資料館 /広島
   原爆投下直後の救護活動などに関する資料を展示する特別展「広島赤十字病院」が中区の原爆資料館で開かれている。来年3月まで。資料館の担当者は「原爆投下直後の ........
- 毎日新聞
シベリア抑留:女性の名簿 124人分、露で発見 陸軍看護師らか 初の公的資料
   旧ソ連によるシベリア抑留で、詳しい実態がつかめていない女性の抑留者について、日本人121人とドイツ人3人の名前などを記した名簿が、モスクワのロシア国立軍事公文 ........
- 毎日新聞
柏原赤十字病院:閉院式 新病院に統合、84年の歴史に幕 /兵庫
   今年7月の県立丹波医療センターの開院に伴い、今月末で閉院する柏原赤十字病院(丹波市柏原町柏原)の閉院式が29日あった。町立柏原病院(当時)から移管され ........
- 毎日新聞
東京医療保健大:4年制の看護学部を18年新設 県、和歌山市、日赤と連携協定 /和歌山
   東京医療保健大(東京都)を運営する学校法人「青葉学園」(田村哲夫理事長)が2018年4月、和歌山市に看護学部を新設する。30日には、県と市、日本赤十字社和歌山 ........
- 毎日新聞
赤十字運動:啓発パレードに325人 帯屋町商店街で /高知
   5月の「赤十字運動月間」をPRしようと、日本赤十字社県支部は13日、帯屋町商店街(高知市)で啓発パレードを実施した。県支部の関係者や協力者ら約325人が参加し、 ........
- 毎日新聞
【しずおか~このひと~】草薙神社初の女性宮司・森千早都さん(31)
   「細やかな視点と気づきを強みに」1900年の歴史を誇り、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)の伝説や「草薙大龍勢」などで知られる草薙神社(静岡市清水区草薙)。昨年….....
- 産経ニュース
【大阪北部地震】和歌山から救護支援の医師「避難所の衛生管理徹底を」
   25日に発生から1週間となった大阪北部地震では和歌山県内の医師らも被災地へ救護に駆けつけ、避難所の衛生管理などにあたった。陣頭指揮をとった日本赤十字社 ........
- 産経ニュース
HKT48兒玉遥、穴井千尋が炊き出しや高齢者疑似体験!「みんなでJOIN!して」
   アイドルグループ『HKT48』の“はるっぴ”兒玉遥(17、チームHおよびAKB48チームA兼任)と“ちひろん”穴井千尋(17、チームH)が29日、福岡・日本赤十字社九州国際看護 ........
- 芸能ニュースラウンジ
和歌山大空襲:元看護学生が証言 海南の国名勝庭園に避難
  - 毎日新聞  毎日新聞和歌山県海南市船尾にある国名勝の和風庭園「温山荘園(おんざんそうえん)」。紀州路随一という1万8000坪の名園が、1945年7月の和歌山大空襲で、戦災者の避難先 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
<石巻赤十字病院>前院長・金田巌氏に聞く 災害医療、行政が環境改善を/石巻圏、地域包括ケアが鍵
   東日本大震災時、石巻圏唯一の医療拠点として災害医療を担った石巻赤十字病院(石巻市)で、副院長として陣頭指揮を執った金田巌前院長(70)が今春、定年退職した。.....
- 河北新報
日赤北海道看護大:厳寒・北見で「暖房なし」避難所訓練
  - 毎日新聞  毎日新聞北海道北見市の日赤北海道看護大体育館などで14日から15日にかけて、厳冬期の停電を想定した避難所運営演習があった。屋外は氷点下15度前後、体育館内も1.5度 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
西日本豪雨:広がる支援の輪 県内各地で次々始動 /和歌山
   西日本を襲った記録的な豪雨による被災地を支援しようと、県内でも11日、さまざまな活動が始まった。被害の大きい岡山県倉敷市に救護班が派遣されるほか、義援物資や ........
- 毎日新聞
日赤和歌山:結核発症の女性看護師、入院病棟で勤務
  - 毎日新聞  毎日新聞医療センター 7月にせきの症状訴えてから9月上旬まで 日本赤十字社和歌山医療センター(和歌山市)などは20日、同センターの20代の女性看護師が結核を発症したと ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
日赤北海道看護大:厳冬・北見で「暖房なし」避難所訓練[写真特集1/6]
   段ボールベッドで就寝する参加者たち=北海道北見市の日赤道看護大で2017年1月15日午前0時4分、山田泰雄撮影......
- 毎日新聞
講演:虐待児、常に寄り添って 早い段階で支援必要 前橋赤十字病院の溝口さん /群馬
   児童虐待に詳しい前橋赤十字病院の溝口史剛・小児科副部長が、県生涯学習センター(前橋市文京町2)で、「子どもの虐待とは? 医療の現場で感じた大人の果たす責任」と ........
- 毎日新聞
社会の揺りかご:乳児院はいま/上 母子の「駆け込み寺」に
   くらしナビ・ライフスタイル> 乳児院と聞いたとき、何を思い描くだろう。幼い命を育む「社会の揺りかご」は、時代とともに変容してきた。施設から里親重視へ--。政府が根本 ........
- 毎日新聞
名古屋の女性看護師が受章 ナイチンゲール記章
   日本赤十字社は12日、2年に1度、世界各国で顕著な功績があった看護師らに贈られるフローレンス・ナイチンゲール記章を、名古屋第二赤十字病院看護部長の伊藤明子 ........
- 日本経済新聞
“新天皇皇后”の感動秘話、「令和」初日に放送 語りは鈴木京香(2019年4月20日)|
   「平成」から「令和」へ、改元が行われる5月1日。女優・鈴木京香の語りで、“新天皇皇后”の感動秘話をひも解く皇室特番『「令和」新時代スペシャル新天皇陛下と新皇后雅….....
- BIGLOBEニュース
【正論5月号】シベリア出兵の美しき真実 ポーランド人を救った日本人 ジャーナリスト 井上和彦
   この記事は、月刊「正論5月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。日本は本当の友人「ポーランドには、“苦しい時に本当の友人がわかる”という諺があります。まさに….....
- 産経ニュース
足利大:本城キャンパス、オープンを祝う /栃木
   今年度改称した足利大学(旧足利工業大学、荘司和男学長)が足利市本城の旧足利赤十字病院跡地で整備を進めていた新キャンパスが完成し、現地で3日、オープニング ........
- 毎日新聞
難病患者:トイレに放置、1カ月後死亡 福岡の病院
  - 毎日新聞  毎日新聞日本赤十字社の医療施設である福岡市西区の今津赤十字病院(藤井弘二院長)で2016年8月、難病の入院患者の福岡県糸島市の女性(当時68歳)がトイレに放置されて ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
西日本豪雨:被災・岡山県へ職員派遣 地震支援の恩返しに 熊本・益城町 /熊本
   熊本県益城町は9日、西日本の記録的豪雨で被災した岡山県総社(そうじゃ)市の復旧を支援するため職員2人を派遣した。総社市は2016年4月の熊本地震で甚大な被害 ........
- 毎日新聞
乳幼児の入院付き添い、なぜ24時間?(記者の一言)
   肺の難病で移植しか治る方法のない、1歳の女の子が肺移植を受けて初めて家に帰るまでの軌跡を取材しました。その過程でどうしてもおかしいと思ったことがありました。.....
- asahi.com
傷病兵の悲痛な声、今も 72回目終戦の日
   72回目の終戦の日となる15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館(東京・千代田)で開かれる。軍人・軍属約230万人と民間人約80万人の計約310万人の戦没者 ........
- 日本経済新聞
過労死ラインの2倍 医師の残業、月200時間容認 日赤医療センター労使協定
   日赤医療センター(東京都渋谷区)が医師の残業時間を「過労死ライン」の2倍に当たる月200時間まで容認する労使協定(三六協定)を結んでいることが13日、分かった。….....
- 産経ニュース
日本赤十字社:創立140周年記念 創始者・佐野常民の伝記復刻 原書書き換え、読みやすく /佐賀
   日本赤十字社の創始者、佐野常民の伝記を分かりやすい文章にして復刻した「佐野常民伝」を同社が刊行した。同社の創立140周年を昨年迎えたのを記念し、佐野と ........
- 毎日新聞
看護体験:諏訪赤十字病院で高校生39人 /長野
   諏訪赤十字病院(諏訪市)で4日、高校生の1日看護師体験があり、生徒たちが患者の体を拭き清めたり、入浴介助や血圧測定を行ったりした。 進路を考える際の参考にして ........
- 毎日新聞
医師の残業時間:特定の診療科や地域などで規制に特例も
  - 毎日新聞  毎日新聞医師の残業時間の上限規制を巡って、地域医療の確保と過労死防止との間で医療界は板挟みになっている。日本医師会の専門家会議も、特定の診療科や医師不足の地域 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
損賠訴訟:日赤注射ミス 2審も過失認める 5700万円賠償命令 /静岡
   手術前の注射が原因で左腕がまひする重度の後遺症が残ったとして、静岡市内の40代の女性が静岡赤十字病院(同市葵区)を運営する日本赤十字社に約7000万円の ........
- 毎日新聞
死産:悲しみに寄り添う 水戸赤十字病院の助産師・浅野智恵さん 赤ちゃんへ手作り服贈る /茨城
   水戸赤十字病院(水戸市三の丸)の助産師、浅野智恵さん(47)は、死産した小さな赤ちゃんに着せる服を手作りし、悲嘆にくれる母親に贈る支援活動を続けている。浅野さん ........
- 毎日新聞
東京医療保健大:校舎建設の安全祈願祭 和歌山看護学部・雄湊キャンパス /和歌山
   来年4月に開校する東京医療保健大和歌山看護学部の雄湊キャンパス予定地(和歌山市東坂ノ上丁)で7日、校舎建設工事の安全祈願祭が執り行われた。 雄湊キャンパス ........
- 毎日新聞
前橋赤十字病院、迅速医療へ救急隊員常駐 「ドクターカー」24時間視野
   前橋市消防局などは、医師と看護師が乗って患者のもとへ向かう救急車「ドクターカー」の体制を強化する。ドクターカーを運用する前橋赤十字病院が前橋市朝日町から同市 ........
- 産経ニュース
北海道物産展:にぎわいを支援に 宇都宮 /栃木
   東武宇都宮百貨店(宇都宮市宮園町)で12日、「第39回秋の北海道物産展」が始まった。最大震度7を観測した地震で大きな被害を受けた北海道の支援になればと、大勢の ........
- 毎日新聞
職場体験:夏休み 県警、志望者減で企画 大学生、子供ら参加 /徳島
   県警は夏休み中、大学生のインターンシップや、子供たちの職場見学などを相次いで実施した。民間企業の業績改善などで、警察官を志す若者が減少傾向にあるため、警察 ........
- 毎日新聞
日航機事故:「記憶を語り継いで」現場に出動の医師講演
  - 毎日新聞  毎日新聞520人が犠牲になった日航ジャンボ機墜落事故(1985年)で、当時、前橋赤十字病院の外科部長として、墜落現場の御巣鷹の尾根(群馬県上野村)で生存者4人の救護 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
病院フェスタ:多可赤十字病院で あす午前10時から /兵庫
   多可赤十字病院(多可町中区岸上、西村一男院長)は20日午前10時から、6年ぶりに「病院フェスタ」を開く。各種相談や手術室の公開、体験コーナー、ゲームなど幅広く、 ........
- 毎日新聞
医療救護訓練:「地震への備えを模索」 日赤県支部、100人が参加 /高知
   日本赤十字社県支部が10日、高知市総合あんしんセンター(同市丸ノ内1)で、南海トラフ地震を想定した医療救護訓練を行った。高知赤十字病院(同市新本町2)など3機関 ........
- 毎日新聞
熊本地震:DMAT47人帰還 日赤で被災地活動報告 /和歌山
   熊本地震の被災地に派遣されていた県内10医療機関の医師や看護師らでつくる災害派遣医療チーム(DMAT)の47人が19、20日、任務を終えて帰還した。日本赤十字社 ........
- 毎日新聞
【皇室ウイークリー】(495)両陛下、民生委員大会でご祝福 豪雨被害にご心痛の皇太子さま
   天皇、皇后両陛下は9日、東京国際展示場(東京都江東区)を訪れ、地域で高齢者の見守りなどに取り組む「民生委員制度」の創設から100周年となるのを記念した全国 ........
- 産経ニュース
厚労省:医師の業務移管徹底を 働き方改革 緊急対策案
  - 毎日新聞  毎日新聞厚生労働省は15日、医師の長時間労働を是正するため、看護師など他職種への業務移管を徹底するといった緊急対策案をまとめ、同省の有識者検討会に示した。.....
- 毎日新聞 - 毎日新聞
熊本地震:日赤の医師ら現地へ 被災地支援拡大 義援金や物資も /和歌山
   熊本地震の被害拡大を受け、県内では18日、被災地を支援する活動がさらに広がりを見せた。日本赤十字社和歌山医療センターでは、医師や看護師ら7人で構成する医療 ........
- 毎日新聞
熊本地震:「今動かないと」 日赤など、救護班や援助隊派遣 /愛媛
   熊本地震による被害が深刻化していることを受け、日本赤十字社県支部や県警などは16日、救護班や援助隊を被災地に派遣した。それぞれ、現地で負傷者の救護や避難所 ........
- 毎日新聞
熊本地震:力を尽くしたい 日赤や県警、支援隊が次々と県内出発 /徳島
   熊本県で未明に震度6強の地震を観測した16日、被災地に向けて、救助や医療を担う支援隊が次々と県内を出発した。現地では14日夜から地震が頻発しており、県は支援 ........
- 毎日新聞
広島の発言2016:被爆直後の救護体験を語る 林信子さん /広島
   看護学生だった17歳の時、原爆に遭った。自身も負傷したが、続々と病院に運ばれてくるけが人の救護に走り回った。平和な世界を願うきっかけになってほしいと、その体験 ........
- 毎日新聞
秋田赤十字病院:24時間対応保育 夜勤職員確保へ /秋田
   秋田赤十字病院(小棚木均院長)はこのほど、同病院に勤務する看護師などが利用できる院内保育所「ちえの和」を開設した。24時間365日の保育体制で、職員が安心して ........
- 毎日新聞
損賠訴訟:注射ミスで後遺症 日赤に6100万円賠償命令 静岡地裁判決 /静岡
   手術前の注射が原因で左腕がまひする重度の後遺症が残ったとして、静岡市内の30代の女性が静岡赤十字病院(同市葵区)を運営する日本赤十字社に約7000万円の ........
- 毎日新聞
北里大病院:医師に違法残業 就業規則で勤務時間定めず
  - 毎日新聞  毎日新聞北里大学病院(相模原市)が医師の勤務時間を就業規則で定めず違法な残業をさせていたとして、相模原労働基準監督署(同)から是正勧告を受けた。同病院が17日、毎日 ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
元陸軍看護婦:97歳、語り継ぐ…中国に2度派遣
  - 毎日新聞  毎日新聞第二次世界大戦中に中国にあった陸軍病院へ2度派遣された元看護婦、戸田ノブさん(97)=神奈川県南足柄市=の証言を後世に伝えようと、知人らが戸田さんからの ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
平塚市民病院:最新医療情報や治療薬紹介 きょう書籍出版 /神奈川
   平塚市民病院(同市南原)は11日、最新の医療情報や病院のチーム医療などを紹介した書籍「そばに寄り添い、ともに闘う 平塚市民病院の最新医療」を出版する。住民向け ........
- 毎日新聞
ノーベル賞:ICAN平和賞 通じた被爆者の叫び 「核なき世界」追い風
   核兵器禁止条約採択に尽力した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に、ノーベル平和賞が贈られることが6日決まった。広島と長崎への原爆投下から72年。条約採択への ........
- 毎日新聞
県ドクターヘリ:長岡赤十字病院に2機目配備 30分以内で県内全域カバー /新潟
   県のドクターヘリが29日、長岡市千秋2の長岡赤十字病院を基地病院として運航を開始した。2012年に初導入された新潟市中央区の新潟大医歯学総合病院に続いての ........
- 毎日新聞
シンポジウム:災害時、トイレへの備えを 専門家ら「自助」を啓発 北島 /徳島
   東日本大震災の発生から7年となる11日、災害時のトイレについて考えるシンポジウムが北島町の県立防災センターであった。トイレの専門家やメーカー、被災地を支援した ........
- 毎日新聞
社説:終戦記念日 歴史に学ぶ力を蓄える
   私たちはどういう道をたどって今ここに立っているのか。日本赤十字の従軍看護婦の話から始めたい。 野村田鶴子さんはフィリピン・バギオの第74兵站(へいたん)病院で ........
- 毎日新聞
熊本地震:自治体職員うつ状態も 心のケア対策始まる
  - 毎日新聞  毎日新聞熊本地震で大きな被害を受けた熊本県内の15市町村と熊本県のうち、半数にあたる8自治体が職員を対象にした心のケア対策を始めていることが毎日新聞のまとめで ........
- 毎日新聞 - 毎日新聞
東日本大震災5年:日用品で応急手当て 「防災フェア」で紹介 松山赤十字病院 /愛媛
   東日本大震災から5年になるのを前に、松山市文京町の松山赤十字病院で7日「防災フェア」が始まった。防災や減災への意識を高めてもらおうと、同病院が2012年から ........
- 毎日新聞
熊本地震:避難生活に不安、支援必要 被災地の現状報告 日赤救護班帰着 /徳島
   地震が続く熊本県で医療支援活動をした日本赤十字社県支部の医師や看護師ら10人が19日、任務を終えて徳島に戻った。17〜18日に熊本市中央区にある二十数カ所の ........
- 毎日新聞
熊本地震:支援届かぬ場所も 派遣の赤十字救護班帰還 心のケア、重要 /福井
   熊本地震の被災地に派遣された日本赤十字社県支部の救護班第1班の医師ら10人が22日夜、福井市月見2の福井赤十字病院に帰還し、報道陣の取材に応じた。 救護班 ........
- 毎日新聞
なるほドリ:24時間365日稼働するドクターカーって? /和歌山
   日赤和歌山医療センターに常駐 医師が同乗。車内で迅速に救命救急 なるほドリ 16日から和歌山市内でドクターカーが24時間365日体制で運用されるって聞いたよ。.....
- 毎日新聞
益田赤十字病院:新病院の内覧会 「地域貢献、最大の命題」 年明けから外来診療 /島根
   益田市乙吉町の益田赤十字病院で5日、新病院内覧会があった。28日に隣接する現病院から移転し、1月4日から外来診療を始める。現病院は解体し、10月までに駐車場 ........
- 毎日新聞
重藤裕子さん:制作、生命に向き合う 画家でソーシャルワーカー、東広島出身 「原爆医療」の祖父、思い継ぎ /広島
   昨年6月、第155回芥川賞の候補作になった今村夏子さん著「あひる」。装画を担当したのは、東広島市出身の重藤(しげとう)裕子さん(36)。毛並み一本にまで息づかいを ........
- 毎日新聞
熊本地震:自治体が募金、広がる支援 ザスパ、義援金呼びかけ 医療・消防、出動態勢 /群馬
   多数の死傷者など甚大な被害が出ている「2016年熊本地震」の発生から一夜明けた15日、県内では募金活動が始まるなど、支援の輪が広がった。基幹災害医療センター ........
- 毎日新聞
熊本地震:広がる支援の輪 /鹿児島
   熊本県を中心とする地震は19日も続き、午後5時52分ごろには同県八代市で震度5強の激しい揺れを観測する地震があり、県内でも薩摩川内市など広い範囲で震度3を ........
- 毎日新聞
(第2820号 2009年03月02日)
   本邦における死因の第3位,要介護原因の第1位を占め,「国民病」の一つとして社会的な問題となっている脳卒中。治療法の進歩により死亡数は減少したものの,患者数は ........
- 週刊医学界新聞
「関係ありません、社会団体です」統一教会との関係を否定した世界平和女性連合、その嘘を暴く
   本紙11月6日既報記事【福岡市外郭団体主催の国際フェスタに統一教会系婦人組織が出展】の続報。 地球市民どんたく2013の会場で世界平和女性連合(WFWP)のブース ........
- やや日刊カルト新聞


日赤九州国際看護大学に関すると思われる本


twitter 日赤九州国際看護大学 周辺の話題

関連したつぶやきがありません。


日赤九州国際看護大学 関連のブログ
( 出典 https://www.ameba.jp/


日赤九州国際看護大学 関連の写真

日赤九州国際看護大学 関連
( 出典 https://dot.asahi.com/



日赤九州国際看護大学